圧着ハガキは便利です

仕事上DMを良く発送します。ただし、出す場所によって内容等が違うので、いままでは自分ではがきに印刷して、発送していましたが、濡れたりするとにじんで見えにくくなってしまった物もありました。チラシ程度の物ですが、今度は封書にて発送していましたが、結構切手代も掛かっていました。そんな時に圧着ハガキを知りました。最初は業者に頼んで作成してもらっていましたが、枚数があまり多く無い為にコストがかなり掛かってしまいました。現在では、自分の会社ではがきを購入して作成しています。表も裏も写真等入れられて、濡れても文字がにじむこと無く好きなようにプリントができてとても便利です。また、二つ折り印刷も出来るので、いままでより、多くの写真等が載せられるようになりました。もう少し早く知っておれば良かったと感じています。

ダイレクトメールに適している圧着ハガキ

郵便ポストに圧着ハガキが入っていると、他の通常ハガキや郵便物より早く見たくなるのがダイレクトメールであります。それは、このハガキが2つ折りになっていることで厚みを増していますので、他の通常ハガキや郵便物よりも興味が惹きます。つまり、送り主が興味を惹いてその圧着ハガキを開封してくれる確率が高まります。それは、企業が送るダイレクトメールにかなり適していると言えます。なぜならば、ダイレクトメールは企業の新製品や新サービスなどの告知のために使用されるものですが、送った相手がそもそもダイレクトメールを見てくれないことにはどうしょうないことなので、まずは見てくれるために如何に工夫するかが必要となります。そこで、圧着ハガキが適しているわけであります。このハガキは、とにかく送り主に興味を惹かせることが出来るため、ダイレクトメールとしての効果が高いです。

進化を続ける圧着ハガキ

送料はハガキ一枚分で送り、開くと2、3枚分の情報が書き込める圧着ハガキはまさに優れ物です。情報量だけでなく、秘匿性にも優れている為、個人情報等が書かれる銀行からの便りにもよく使用されます。そしてまた特徴的なのが1度剥がすと二度とくっつかないので不正な開封を防いでいます。今ではすっかり当たり前になった圧着ハガキですが、一昔前は今の技術はまだ確立されておらず、周りの縁を点線で切り取って開封するという物でした。それからどんどん進化して今では家庭のプリンターで圧着ハガキを印刷する事も可能になっています。Eメールの時代ですが、手紙は廃れてもハガキはまだまだ進化していく事でしょう。年賀状だってハガキです。10年後、20年後、どの様なハガキが主流になっているかを考えるだけでワクワクするのは自分だけでしょうか。