圧着ハガキを作成しよう

顧客にお知らせや情報を伝える手段にハガキを使用されている所も多いでしょう。そのハガキの中で圧着ハガキという種類をご存知でしょうか。圧着ハガキとは特殊な接着剤で圧縮をかけ、二つ折りや三つ折りなど広い面積で情報をまとめる事が出来るハガキです。この特殊な接着剤は専用のニスを用いる事が多く、剥がし易く一度剥がしたら引っ付かない特徴を持っています。個人情報や契約内容などが書かれた書類に最適とされており、通常のハガキサイズよりも情報量を多く伝える事が可能です。また開きたくなる心理をくすぐる事で、普段流して見るだけのハガキよりも効果的に宣伝効果を得る事が出来ます。圧着ハガキは専門業者によって作成する事ができ、インターネット注文が早くて便利なのでお勧めです。発注数が多ければ多いほどコストも安くなりますが、納期も長くなるので確認しておきましょう。

圧着ハガキの印刷はネット通販で格安で依頼できます

最近、自宅に届くダイレクトメールは圧着ハガキで届くことが多くなりました。以前は封書やハガキで届いていたので、この変化は非常に大きなものだと実感しています。圧着ハガキには沢山の魅力があります。たとえば、一般的なハガキの2倍も3倍も沢山の情報を印刷することが出来る点です。しかも、受け取った人の目に止まり、興味を抱かせるため、目を通してもらえる機会が多いと聞いたことがあります。その為、ダイレクトメールを送る際に選ばれているのかもしれません。ちなみに、圧着ハガキの印刷は、インターネット通販でも依頼することが出来ます。豊富な実績と経験を持っている業者さんが運営しているオンラインショップがあり、低料金で高品質の印刷を行ってくれると、非常に評判がよいそうです。注文の仕方も分かりやすく簡単なので、初めてでも安心してお任せ出来るため便利です。

圧着ハガキの大きさと活用方法

圧着ハガキを取り扱っている業者では、様々な大きさの商品を用意しています。通常のハガキサイズの商品やA4サイズの大判の商品なども用意されているため、用途に合わせて必要な商品を選択していけます。大量のダイレクトメールを送付したい場合には、気軽に利用出来るハガキサイズの商品を活用出来ますが、より多くの情報を掲載したい場合には、A4サイズの大判の商品を選択することも可能となっています。A4サイズの大判の商品では、新聞の折り込みチラシなどのデータをそのまま活用することが可能なため、手間をかけずにデータを作成したい場合にも高い効果を発揮します。また、V折以外にもZ折なども依頼可能なため、情報量を増やしていきたい場合にも役立ちます。このように、圧着ハガキには様々な大きさの商品が用意されているため、用途に合わせて活用することが可能です。