圧着ハガキの特徴とメリット

ダイレクトメールにも様々なタイプがありますが、最近は圧着ハガキの人気が高まっています。これは専用のニスを使って表面を圧着したハガキでコンパクトでありながら通常のハガキの2~3倍の情報量を掲載出来るメリットがあります。そして、この場合は到着したときは中は見えないようになっていますので、中を開きたくなる心理が働き、通常のダイレクトメールよりも内容を見てもらえる確率も高まります。そして通常のハガキのように内容を他の人に見られる心配がありませんので、個人情報に関する内容が書かれている場合も機密性を保ちやすくなります。通常のハガキよりも多くの情報を掲載しながらも郵便料金を抑えることが出来ますし、封入の手間も省くことが出来ますので、余計なコストを抑えられるというメリットもあります。バリエーションも豊富で様々なタイプから最適なハガキを選ぶことも出来ます。

無料ソフトで圧着ハガキDMが印刷できます

個人経営のビジネスや小規模ビジネス運営者に朗報です。ビジネスで大切なことは顧客をいかに獲得するかです。インターネットサイトを利用する方法が一番一般的ですが、そのほかの手段としてDM(ダイレクトメール)があります。大企業ではDMだって外注することが常識ですが、小規模ビジネス運営者では、それはままなりません。どうしても自分たちでDMを作成するということになりますが、かなり大変な作業となります。最近注目されているのが圧着ハガキを使用するDMです。裏にカバーが張り付けられており、それをめくらなければ中を閲覧することができません。このカバーをめくるという行為は、顧客にビジネスに参加してもらう行為に通じます。サイトで無料公開されている素晴らしいソフトを発見しました。なんとWordデータを元にして圧着ハガキDMが印刷出来ます。

圧着ハガキのメリット

圧着ハガキのメリットは、まずは個人情報の保護が出来ることであります。理由は、開封するまでは中身を確認をすることができないために、第三者に見られる心配がいらなくなります。ですから、ハガキとは言え、個人情報を載せて送付しても何ら問題がないということです。ハガキに個人情報を掲載するならば、圧着ハガキにして送付することによって、個人情報の保護が出来ます。これが1つ目のメリットであります。2つ目のメリットとしては、開封しなければ中身を見ることができないため、そういった理由から開封率が高くなるメリットがあります。つまり、開封率が高くなれば一度は読んでもらえることに繋がるため、ダイレクトメールとして利用することで、良い宣伝効果になります。実際に企業としては、ダイレクトメールを圧着ハガキを採用している所は多いです。